Google ドライブの容量を減らす方法をまとめてみた

私は Google ドライブを10年以上使い続けているのですが、ついに無料枠を超える瞬間が近づきつつあります。扱うファイルが平均的に小さな容量のファイルだとしても、 Google ドライブを使い続ける限り、ファイルは増え続けていきます。

私は Google One の契約によって、容量を増やすという選択肢を考えているのですが、中には無料で使えたものにお金を出すことに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

というわけで、今回は無料枠の範囲で収まるように Google アカウント内の不要なデータを削除する方法について解説します。

容量の圧迫はどこで発生しているのかを確認する

無料の Google アカウントを保持している場合、ユーザーは15GBのストレージ容量を利用することができます。この15GBの容量はどのサービスに対して発生しているのかご存知でしょうか。ズバリ、以下の3つのサービスです。

  • Google ドライブ
  • Google フォト
  • Gmail

上記3つのサービスに対して、容量消費が発生し、その内どこに問題があるのかはコチラから確認することが可能です。リンクをクリックすると、以下のようにどのサービスが容量を圧迫しているのかを確認することができます。

Google ドライブの容量を削減する

ゴミ箱内のファイルを削除する

Google ドライブ内に存在するファイルを削除しても、実はゴミ箱にはファイルは30日間残っています。すぐに容量を削減したい場合はゴミ箱内のファイルを全て削除しましょう。ゴミ箱に遷移し、画面右上にある「ゴミ箱を空にする」ボタンを押下することでゴミ箱内の全てのファイルを削除することができます。

オーナー権限を他者に押し付ける

容量はファイルのオーナーに対して紐付くため、ファイルのオーナーを他者に押し付けることで、容量を削減することができます。ただ、これを勝手に行うと倫理性が問われるので無許可で実行するのはやめましょう。オーナー権限だけでなく、人間関係も失うかもしれません

Google フォトの容量を削減する

ゴミ箱内のファイルを削除する

Google フォトで画像を削除した場合でも、ファイル自体は60日間ゴミ箱内に残ることになります。ゴミ箱に移動し、「ゴミ箱を空にする」リンクをクリックして不要な画像ファイルは削除しましょう。

保存ファイルの設定を変更する

これは容量を削減する上において即効性のある手段ではないですが、 Google フォトの設定によって、画像の画質を下げることができます。これにより、容量を節約しながら画像ファイルを保存できるようになります。

Gmailの容量を削減する

ゴミ箱内のファイルを削除する

Gmailでメールを削除した場合でも30日間はデータが残り続けます。 Google ドライブやフォトと同様に、ゴミ箱にアクセスしメールを完全削除しましょう。

まとめ

  • ファイル容量に紐付くのは Google ドライブ・ Google フォト・ Gmail の3つのサービスである
  • ゴミ箱内のファイル削除が最も手っ取り早い対応方法
  • Google ドライブではオーナー権限の変更で容量を削減することができる
  • Google フォトでは設定によって保存する画像の画質を落とし、容量の節約を図ることができる

あなたへのオススメ記事...

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *