Google ドライブで動画が再生できない!?動画処理が終わらない場合の原因と対処法

極稀ではありますが、 Google ドライブに動画をアップロードしても、動画が再生できないという事象が発生します。「動画は Google ドライブに存在しますが、動画は再生できない」という事象が発生理由は、以下の通り保存とエンコード処理が別々に行われているからです。

  • Google ドライブでファイルを保存する
  • 動画をエンコードして各デバイスで再生できるようにする

動画ファイルのエンコード処理に時間がかかる理由は、デバイス毎に最適化するためのエンコードが動画ファイルに対して行われているからです。おそらく、このエンコード処理がうまく完了しなかったため、「この動画は処理中です」の表示が終わらない事象が発生するのだと思われます。処理自体が停止しているのか、内部的にエラーが発生しているのか…ユーザーには本当の原因はわかりません。今回の記事では、 Google ドライブで動画ファイルが再生できなくなった場合の原因と対処法について説明します。

まずは、Google ドライブがサポートしている動画フォーマットなのか確認する

まず、前提として、再生できないファイルが Google ドライブに対応しているファイルであるかを確認しましょう。以下が Google ドライブがサポートするファイルフォーマットの一覧です。この一覧に含まれないファイルについては、もちろん再生することはできません。 Google ドライブに対応するファイルフォーマットについて詳しく知りたい場合はコチラをご参考ください。

  • WebM
  • MPEG4
  • 3GPP
  • MOV
  • AVI
  • MPEGPS
  • WMV
  • FLV
  • ogg

まずはファイルコピーで問題が解決するか試してみる

1日経過しても動画が再生できないようであれば、まず第一にやることとして、該当ファイルをコピーすることをオススメします。ファイルをコピーすると、コピーしたファイルに対してエンコードが再実行されます。これにより問題が解決する可能性があります。

最悪の手段は動画の再アップロード

それでもファイルがアップロードされない場合は、ファイルを再アップロードすると良いでしょう。ただ、動画のアップロードとエンコード2つの時間が発生するため、ファイル容量が大きい場合はそれなりに待機時間がかかることは覚悟する必要があります。

APIでエンコーディング完了を確認する方法

エンコード中の動画ファイルに対してAPIを実行すると、thumbnailLink パラメータが空になることがわかりました。ちなみにエンコードが完了すると、以下のように thumbnailLink パラメータにURLが入ってきます。

{
 "thumbnailLink": "https://lh3.googleusercontent.com/xxxxxxxxxxx"
}

つまり、 Google ドライブAPIで該当ファイルを定期的に参照して thumbnailLink パラメータが存在するかを確認すれば、エンコードの処理ステータスをチェックすることができます。

まとめ

  • Google ドライブで動画が再生されない場合はファイルコピーが有効
  • ファイルコピーがうまくいかない場合は再アップロードを試してみる
  • Google ドライブAPIで thumbnailLink パラメータの存在をチェックすることでエンコードの処理ステータスを確認することができる

あなたへのオススメ記事...

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *