Google ドライブで保管できるファイルの制限をまとめてみた

普段、皆さんはどんなファイルを Google ドライブに保存していますか?私は個人で撮影した写真や会議の議事録、顧客へのプレゼンテーション資料、ありとあらゆるファイルを Google ドライブに保管しています。今回は Google ドライブに保管できるファイルの制限情報をまとめてみます。

各ファイルの保存容量の制限

ファイルの種類によって制限は様々です。ファイルによってどのような制限があるのかをまとめてみます。

Google ドキュメントは102万文字の制限あり

半角102万文字の制限があります。また、テキストドキュメントを Google ドキュメントに変換する場合は50MBまでの制限があります。

スプレッドシートは500 万セルまたは 18,278 列の制限あり

Google スプレッドシートには500 万セルまたは 18,278 列(列 ZZZ)の制限があります。別形式のファイルをスプレッドシートに変換する場合も上記の制限が発生します。

プレゼンテーションの制限は不明?

Google スライド形式に変換したプレゼンテーションは 100 MB の制限があります。ただし、単純に作成した場合の制限については、確認することができませんでした。

新しい Google サイトには制限はあるけど、無いようなもの

1 ページあたりの文字数は半角 20 万文字までの制限があります。1 サイトあたりの画像数は 1 万枚までで、ページ数は 1,000 ページまで(合計で半角 1,000 万文字まで)が制限になります。Google サイトの使い方的にこの制限で困ることはなさそうです。

その他ファイルには5TBのファイル容量制限

1ファイル当たり5TBの制限があります。

再生可能な動画フォーマット

再生可能なファイルは以下の通りです。よく使われそうなファイルはほとんどサポートしていると思います。

カテゴリファイル種別
一般的なファイルアーカイブ ファイル(.ZIP、.RAR、tar、gzip)
オーディオ形式(MP3、MPEG、WAV、.ogg、.opus)
画像ファイル(.JPEG、.PNG、.GIF、.BMP、.TIFF、.SVG)
マークアップ、コード(.CSS、.HTML、.PHP、.C、.CPP、.H、.HPP、.JS、.java、.py)
テキスト ファイル(.TXT)
動画ファイル(WebM、.MPEG4、.3GPP、.MOV、.AVI、.MPEGPS、.WMV、.FLV、.ogg)
AdobeファイルAutodesk AutoCad(.DXF)
Illustrator(.AI)
Photoshop(.PSD)
Portable Document Format(.PDF)
PostScript(.EPS、.PS)
Scalable Vector Graphics(.SVG)
Tagged Image File Format(.TIFF) – RGB .TIFF 画像で最適
TrueType(.TTF)
MicrosoftファイルExcel(.XLS、.XLSX)
PowerPoint(.PPT、.PPTX)
Word(.DOC、.DOCX)
XML Paper Specification(.XPS)
パスワードで保護された Microsoft Office ファイル
Appleファイルエディタ ファイル(.key、.numbers)

制限は Google の事情によって変わる可能性

以上が、 Google ドライブ上のファイル制限でした。おそらくほとんどの利用者には影響がない制限だとは思いますが、もし特殊なファイルを Google ドライブで管理したい場合は注意が必要です。また、現状は1ファイル5TBの制限がありますが、今後この制限がアップデートされる可能性もあります。特殊な要件で Google ドライブを利用する場合は、これらの制限に注意した方が良さそうです。

今回のまとめ

  • Google ファイルには制限がある
  • Google サイトにも制限があるが、制限値的に影響はなさそう
  • 大体のファイルは Google ドライブでプレビュー可能

あなたへのオススメ記事...

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *