Google ドライブでファイルがダウンロードできない理由とは?

Google ドライブでファイルがダウンロードできない場合、考えられるパターンは2つあります。

  1. ダウンロードする権限がない
  2. 権限はあるが、最後までダウンロードできない

今回はこの2つの原因にについて解説します。

ダウンロードする権限がない

Google ドライブでファイルを右クリックした時に「ダウンロード」が表示されない場合、ファイルのオーナーがファイルのダウンロードを許可していない可能性があります。

ファイル自体の閲覧権限とダウンロード権限は全く別の権限であるため、閲覧権限であっても、オーナーの許可があればファイルをダウンロードすることができます。もしファイルがダウンロードができない場合は、オーナーに対してダウンロードの許可をお願いすると良いでしょう。

権限はあるが、最後までダウンロードできない

ファイルを最後までダウンロードできない場合、以下2つの原因が考えられます。

  1. ユーザーのネットワーク環境
  2. Google 側が制限をかけている可能性

ネットワークに関連する問題であれば、ユーザー自身が環境を改善すれば解決できますが、 Google が制限をかけている場合は非常に厄介です。

Google 側が制限をかけている可能性

Google ドライブは、不特定多数への動画配信やファイル配布を想定していません。そういった用途で使いたい場合は Google Cloud Storage と呼ばれる別のストレージサービスがあるからです。 Google ドライブでファイルをダウンロードできなくなった場合、不特定多数のユーザーからファイルが参照された後である可能性があります。もし、そのような問題に直面したら、ファイルコピーを行なうことをオススメします。ファイル単位の制限であれば、コピーしたファイルを再度共有することでこの問題は解決します。ユーザーに対して制限がかかっている場合は、コピーしたファイルを別のユーザーに付け替えることをオススメします。

まとめ

  • 閲覧権限とダウンロード権限は別の権限
  • オーナーの許可がないと閲覧権限ユーザーはファイルをダウンロードすることができない
  • ユーザーのネットワーク環境の問題は、ユーザー自身で解決するしか方法がない
  • Google ドライブは、不特定多数への動画配信やファイル配布を想定していない
  • Google からダウンロード制限をかけられた場合、ファイルコピーが有効

あなたへのオススメ記事...

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *