Google Workspace で利用可能な共有ドライブとはどんな機能?

私はブライベートだけでなく、ビジネスでも Google ドライブを活用しています。ビジネスで Google ドライブを利用する場合、チームでファイルを共有するケースが多いのですが、そんな時役に立つのが共有ドライブという機能です。共有ドライブは Google Workspace の Business Standard 以上の契約で利用することができる機能で、この機能を利用するとチームでファイルを共通管理することができます。

共有ドライブは Business Standard 以上で利用可能

共有ドライブは誰でも利用できるわけではありません。前述した通り、 Google Workspace の Business Standard 以上の契約が必要になります。1ユーザーにつき毎月¥1360以上の費用がかかります。

Google Workspace エディション共有ドライブ利用可否価格
Business Starter ×¥680/月/ユーザー
Business Standard¥1360/月/ユーザー
Business Plus¥2040/月/ユーザー
Enterprise営業担当へ問い合わせ

費用対効果を考えると、ビジネス的用途としては高くないと実感していますが、個人で利用するには高く感じるかもしれません。

共有ドライブはチームでファイル権限を保持することができる

通常の Google ドライブでは、任意のユーザーに対してファイル・フォルダ単位に共有権限を付与することができます。一方、共有ドライブでは一人以上のチームでファイルの共有スペース権限を保持しファイルを管理することができます。チームで共有スペースの権限を保持することができるため、チームから誰かが離脱したとしても、他のチームメンバーが引き続き共有スペース内のファイルの権限を保持することができます。

ユーザー権限はマイドライブよりも複雑

通常の Google ドライブの場合、権限は「オーナー」「編集者」「閲覧者」の3つの役割が存在しますが、共有ドライブの場合は5つの役割が存在します。各権限の説明は以下の通りです。

権限説明
管理者コンテンツ、ユーザー、設定の管理を行うことができます。
コンテンツ管理者ファイルの追加・編集・移動・削除を行うことができます。
投稿者ファイルの追加・編集を行うことができます。
閲覧者(コメント可)ファイルを閲覧・コメントすることができます。
閲覧者ファイルを閲覧することができます。

今回のまとめ

  • 共有ドライブは Google Workspace Business Standard 以上の契約で利用可能
  • 共有ドライブはチームでファイル権限を保持することができる
  • 共有ドライブには権限が5つ存在する

あなたへのオススメ記事...

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *